2007年03月23日

絵画展ご来場のお礼

maruzen1.JPG「愛をはこぶ人キャンペーン」後援により丸の内オアゾの丸善に於いて開催されました「〜愛をはこぶ人〜マッケンジー・ソープ展」は多くの皆様のご協力により成功裏に終了いたしました。今回の絵画展は東京駅に近い新しい場所での開催ということもあり、平日は丸の内界隈で仕事をされておられる方が、休日は魅力的なショッピングスポットに変貌著しい丸の内ということもありご家族で立ち寄られ、また、かなり遠方にお住まいの人たちにもたくさんご来場いただきました。
会場にはディスレクシアの啓発のコーナーが設置されました。NHK福祉ネットの30分の番組や、日本図書新聞の記事(日本全国の中学校、高等学校に配布されています)、雑誌「暮らしと健康」の当会実行委員長の上野一彦教授とマッケンジー・ソープ氏との異色対談、ディスレクシアな人たちの大判ポスターなどに対して、多くの人に興味を持っていただきました。
会場に用意しましたディスレクシアを中心にしたLD(学習障害)関連の書籍も本当にたくさんの方々にお買い上げいただきました。また、会場で配布いたしました小冊子は多くの人にお持ち帰りいただきまして用意したものが全てなくなりました。「愛をはこぶ人キャンペーン」の小冊子に関しましては、近い内には全面改訂された2007年版のものをお届けできると思います。
このように、私たちの啓発としての目的は大きく達成されたものと思います。この度の本当に多くのみなさまのご協力に感謝いたします。




posted by 事務局 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーンの活動
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。