2006年08月07日

愛をはこぶ人キャンペーン懇親会

 7月14日(金)に愛をはこぶ人キャンペーンの懇親会が、ホテルシーサイド江戸川で開催されました。このホテルには、マッケンジー・ソープさんの絵が3点飾られております。改装されて魅力が増したこのホテルのフレンディの間という、暖炉が付随する素敵な部屋にもソープさんの1枚絵が飾られおり、この部屋で「愛をはこぶ人キャンペーン」に係わるたくさんの人が集まり、懇親の会が開かれました。また、このホテルは当キャンペーンに多大なご協力をいただいておりますホテル・オークラ様が運営を担当されています。
 当日は6時30分に始まり、最初に東京学芸大学教授の上野一彦先生の講演会が開催されました。「インハーシューズ」という映画を通して、LD・ADHD・ディスレクシアについて、具体的でわかりやすいお話をしていただきました。参加者のほとんどの人が集中して聴いておられたのが強く印象に残りました。
 この後、立食パーティーに移行し、26名の参加者がおいしいお食事を食べながら、歓談されました。初めて顔を合わせる人たちも多く、こうした人と人のめぐり合いの中で新しいアイデアや企画が生まれていくのだなと思いました。そして、こうした積み重ねが、少しではあるが着実に世の中を変えていくのだと思います。今後もこのような講演会をさまざまな機会をとらえて開催していければと考えています。


posted by 事務局 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・リポート

2006年05月01日

横浜アートフェア2006」始まりました!

横浜アートフェア2006東横特急で、乗り換えなしで、日本大通り駅で下車します。みなとみらい地区を遠方に臨み、浜風に当たりながら歩いて、7分ぐらいで、赤レンガ倉庫に着きます。
5月2日(火)は、午後6時30分より、上野一彦先生の講演会があります。映画「イン・ハー・シューズ」はご覧になりましたか? 人生は、「ほんの小さなきっかけで」大きく変わります。映画や小説の中に現れる、LD・ADHDの世界のお話です。 石田衣良の小説や宮部みゆきの「模倣犯」などを題材にします。 ぜひ、お聴きにいらしてください。
posted by 事務局 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・リポート

2005年03月01日

2004年愛をはこぶ人キャンペーン参加のお礼とご報告

平成17年3月吉日
愛をはこぶ人キャンペーン実行委員会
実行委員長 上野 一彦


昨年11月は〜子どもたちにほんの小さなきっかけで大きな未来を〜というテーマで行なわれた『愛をはこぶ人キャンペーン』実行委員会主催のマッケンジー・ソープ絵画展及びワークショップにご来場・ご参加いただきまして誠にありがとうございました。

おかげさまで、私どもの小冊子を3,000部以上の方にお配りすることが出来、またさまざまなメディアにも取り上げられ、軽度の発達障害に対する啓発という当初の目的を果すことが出来ました。これにより、私たちの大きな目標への第一歩を進めることが出来たと感じております。

『愛をはこぶ人キャンペーン』は、引き続きChildren on the edge(さまざまな困難で、崖っぷちに立たされている子どもたち)に対する啓発とサポートを行ないながら、子どもたちが大きな未来を開くための、小さなきっかけが見つけられるよう活動をして参ります。

2007年にマッケンジー・ソープ氏が描いた絵画とソープ氏がこれまでに交流してきた(ナバホインディアン、アボリジニー、軽度の発達障害などの、さまざまな差別や困難に直面している)世界中の子どもたちがワークショップで描いた絵画(約1,000点)とを合わせた、大絵画展を企画しております。この企画を実行に結びつけるべく、2005年もさまざまな活動をしてまいる所存です。

今後とも、絵画展やワークショップなどへのご参加を通じて、皆様の更なるご支援をいただけましたら幸いです。
posted by 事務局 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・リポート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。